本日開館2018.10.20(土)

ご利用案内

開館時間

9:30-17:00(入館は16:30まで)

休館日

火曜日、年末年始※火曜日が祝日の場合は開館

入館料

入館料で常設展示室、企画展示室、ガラス工房(2F工房見学スペースから)をご覧いただけます。

  入館料
 ( )は団体料金
アートショップのみ利用
一般 500円
(400円)
無料
高校生 400円
(300円)
小・中学生 300円
(200円)
小学生未満 無料

※表記は税込価格です。
※アートショップ見学のみの場合は無料
※団体料金は20名以上の場合
※障害者手帳をお持ちの方はご本人様のみ入館料が半額になります。

ガラス体験

ガラス工房では、毎週土、日、祝日に「吹きガラス」「リューター」「サンドブラスト」のガラス体験を開催しています。世界でひとつだけのオリジナル作品作りに是非、挑戦してみてください。どの体験もスタッフがお手伝いします。 尚、各ガラス体験は予約優先です。事前にお電話でお申し込みいただくと確実です。(空きがあれば当日受付も可能です。)

吹きガラス体験
3,150円(税込)/1個 ※後日発送する場合は別途送料がかかります。
リューター体験
1,050円(税込)/1個
サンドブラスト体験
1,050円(税込)/1個

バリアフリーについて

障害者手帳をお持ちの方はご本人様のみ入館料が半額になります。受付でご提示ください。

【施設完備・貸し出し】
◎身体の不自由な方の駐車場(2台)
◎多目的トイレ(おむつ交換台あり)
◎車いすの貸し出し(1台)

車いすをご利用の方

・車いすをご使用のお客様のための降車場所が、入口近くにございますのでご利用ください。
・1階受付にて無料で車いすの貸し出しをおこなっています。
・車いす対応エレベータを設置していますので館内移動はすべて車いすのままご覧いただけます。
・外部との入口にはスロープを設置しています。
・多目的トイレも設置しています。

写真撮影、動画撮影やSNSに関して

当美術館は館内作品の撮影を基本的に許可しております。まだまだ知名度も低い小さな美術館ですので、ご来館のお客様が撮影された写真をSNS等で活用していただくことで、より一層の周知を図っていただければ幸いです。(2階企画展示室の展示作品に関しては撮影をお断りする場合もあります。)

常設展示室

常設展示室には、製作年代のはっきり分かっているウランガラスとしては世界最古のものである1840年製のミルクピッチャーや、エミール・ガレの花器、テレビ番組で紹介されたロシア皇帝のゴブレットなど、19世紀以降の世界のウランガラスが約90点展示されています。形の美しさとともに、紫外線を当てた時に生じる蛍光の神秘的な輝きをお楽しみ頂けるよう、一部の作品では押しボタンで通常照明から紫外線照明に切り替わる展示をしています。

常設展示室

企画展示室

2階企画展示室ではガラスに関する展覧会を年間3~4回開催しています。毎年秋~冬の展示期間は、当美術館が定期的にガラス作家をお呼びして妖精の森ガラスで制作していただいた作品を展示する収蔵作品展を開催しています。

企画展示室

アートショップ [1F]

1階アートショップではガラス工房で制作したグラス、花器などの妖精の森ガラス作品や透明ガラス作品、アクセサリーを展示販売しています。すべて手づくりのため、一つひとつ微妙に違いますので、実際に触って手になじむものをお選びください。

ガラス工房 [1F]

ガラス工房では「妖精の森ガラス」をはじめ、様々なガラス作品を制作しています。また、ガラス体験を行うことができます(毎週土、日、祝日開催。予約優先)。

ガラス工房

ガラス工房見学スペース [2F]

ガラス工房の制作風景を窓越しに見学できるスペースです。(制作していない日にち、時間帯もあります。予めご了承ください。)グラスの制作工程を撮影した映像、道具類の説明を記したタペストリーなども設置しています。

ガラス工房見学スペース

フロアマップ フロアマップ

SITE MAPサイトマップ